北海道アスパラ格安通販!グリーン・紫・ホワイト産地直送です!

アスパラの話

平成27年度 北海道産アスパラガス 販売予約スタート!

産地直送!
高級アスパラガスをお買い得にご用意!

安さの秘密は卸会社の手作りホームページだから!
法人のお客様向け商品のご紹介のために作っているから!

毎年人気商品のため、売り切れ次第終了とさせていただきます。

アリビオスーパー美味しいアスパラ価格表

立て詰めです
グリーン箱ホワイト箱
※箱の種類が様々ございますので、お届け時の箱が写真と異なる場合もあります。

品種数量サイズ通常卸価格特別卸価格
グリーンアスパラ1kg2L~M通常卸価格¥4,200特別卸価格¥2,000
紫アスパラ1kg2L~M通常卸価格¥5,080特別卸価格¥3,200
白アスパラ1kg2L~M通常卸価格¥4,580特別卸価格¥2,900
グリーンアスパラ
紫アスパラ
各1kg
計2kg
2L~M通常卸価格¥8,280特別卸価格¥5,000
グリーンアスパラ
白アスパラ
各500g
計1kg
2L~M通常卸価格¥3,390特別卸価格¥2,500

紫と白は産地が異なるため同梱できません。
発送料がそれぞれかかりますのでご了承ください。

アリビオスーパーでは収穫したその日にお客様へ発送しています。
天候に左右される収穫のため、お届け日の指定はできません。

税込価格
冷蔵便発送

送料   
北海道内 920円(税込) 
北海道外 1300円(税込)

お支払方法はお振込か代引となります。

代引き手数料は商品代金にプラスさせて頂きます。
代引手数料
1万円以下 300円
3万円以下 400円

離島はお問い合わせください。

※1か所のお届け先への商品総額が7,000円以上で送料無料です。

振込、代引(ご本人様受取のみ)手数料はお客様負担でお願いします。


生産者直送のためおのし、メッセージカードの対応は致しかねますのでご了承ください。

注文フォームへ

申込有効期限 6月1日まで

アスパラの限定出荷数量

 

品種数量サイズ限定出荷ケース
グリーンアスパラ1kg2L~M10000ケース
グリーンアスパラ
紫アスパラ
各1kg2L~M5000ケース
紫アスパラ1kg2L~M5000ケース
グリーンアスパラ
白アスパラ
各500g2L~M25ケース
白アスパラ1kg2L~M25ケース

初めて注文をする方、受取までの注意点はこちらをご覧ください。


北海道から少し遅い春の「よろこび」をお届けします。

みずみずしい北海道のアスパラ

アリビオアスパラの生産者さんたちは美味しいアスパラを作るためにいろいろな努力をしています。

有機肥料による土作りと親木の育成、風からのガードなど、アスパラはとても手間がかかります。

量がたくさん採れればいいとういう考え方ではなく、手間ひまかけて美味しいものを作ろうというこだわりの生産者さんたちから仕入れをしています。

早朝4:00~6:30頃迄、規定サイズ(24cmくらい)を越えたアスパラを手作業で刈り取ります。
朝採りの美味しいアスパラをその日のうちに出荷しています。

昼夜の気温差が大切で、アスパラは寒さによって甘みを蓄えます。
夜気温が下がり、翌朝に気温が上がった(晴天になった)時に収穫されたアスパラは、みずみずしく最高の糖度があります。

アリビオ・スーパーのアスパラは旭川市内の農園で生産しています。
旭川市は昼夜の気温差が大きいので美味しいアスパラを収穫することができます。


アリビオグリーンアスパラ

特徴 アスパラ特有のスジが少なくて、やわらかいのにシャキっとした野菜らしい歯ごたえがあります。

根元までしっかり甘くて美味しいアスパラです。

太くても根元までやわらかく、太いほうがアスパラのジューシーな甘さを実感することができますよ!

ひきしまった頭部の糖度は平均7度
意外にも、トマトと同じ位の糖度があるのです!

調理のヒント
素材そのものに自然な甘味があるので、塩ゆでや、塩焼きなど、シンプルな料理法がおすすめ。
好みでホワイトソース、マヨネーズ、レモンなどを合わせても。
サラダ、グラタン、天ぷらなどにもよく合います。

保存方法 湿らせた新聞紙に巻くか、根元をぬれたキッチンペーパーで巻き、 ラップに包んで、必ず立てて保存してください。
横にすると、穂先が起き上がろうとしてエネルギーを消費し、鮮度が早く落ちてしまいます。
冷凍も可能
さっと硬めにゆでてあら熱をとって、ラップやフリージングパックにいれて冷凍することもできます。
解凍せずにそのまま炒め物やスープにつかってください。

北海道流グリーンアスパラガスの茹で方

①アスパラの堅い茎の部分の皮を根元から3~4cmむきます。
長いままゆでたい場合は、フライパンでゆでると便利です。
湯が沸騰したら少量の塩を入れ、1~2分ゆでます。
(ゆで時間は後の料理次第で調節してください)

②冷水にとって手早く冷やします。
サラダなど生野菜と合わせる場合、水にとることで緑色がより鮮やかになります。

③サッと冷やしたらざるにとって水をきります。
炒め物などにする場合、ゆでる必要はありません。
生のまま用途にあわせて切り、調理してください。

File not found: "s_s_asupara002.png" at page "アスパラの話/swfu/d"[添付]



アリビオ紫アスパラ

特徴 グリーンより糖度が高く、さらにやわらかいのが大きな特徴。
濃厚な甘さとやわらかさを楽しむには生で食べるのが一番!

栄養価 ムラサキの色はポリフェノール色素「アントシアニン」
含有量はグリーンアスパラを上回ります。
強い抗酸化性があるので、体を正常化・活性化する物質として注目されています。

保存方法 グリーンアスパラと一緒です

紫色のアスパラ

見た目の色の通り、
目に良いとされているアントシアニンがとても豊富で
カラダにもとても良く、甘さもグリーンアスパラよりも
糖度にして1度から2度違うと言われています。

収穫量はグリーンアスパラと比較すると、
半分くらいと作るのがとても難しい為、
生産する農家さんもまだまだ少なく
市場には、ほとんど出回っていないのが現状。

そんな貴重な紫アスパラを、数量限定ながらこの度
グリーンアスパラとセットにして、お届けできる事になりました!
北海道からお届けする産直野菜。
新鮮、安全、めずらしい野菜!
春の最高級野菜 紫アスパラガス。
非常に人気の高い商品です。
「紫アスパラ」のおいしさを、めいっぱい高める環境があります。

&show(): File not found: "s_asupara004.png" at page "アスパラの話";



アリビオホワイトアスパラ

特徴 土の中で育つので土の抵抗を受けて一生懸命伸びようとしていることから、養分を含んだ凝縮された味わいが楽しめます
独特の甘み、ほのかな苦み、白もしくは薄ピンクの綺麗な色彩などが特徴です。
ホワイトアスパラの缶詰を食べたことのある方も多いと思います。
苦手な方もいらっしゃるのでは?
生食用のホワイトアスパラとは、食感、食味、風味が異なり、その違いと美味しさにびっくりしますよ!

栄養価 独特の甘みと苦みは、プロトディオンというサポニンの一種が豊富に含まれているためです。
脂質の吸収を抑え、血液をさらさらにする効果があると言われています。

保存方法 基本的にはグリーンアスパラと同じです。
日を置くことで苦味が増します。
また光に当たらずに育ったため、明るい所に置いておくと緑に変色していきます。

ホワイトアスパラ

丁寧に皮を剥いて、
生の食感を残した茹で上げ。
カリッと音がするほどの歯ごたえに満足感がある。
香ばしいホワイトアスパラの香りと茹でた甘味。
これに、アンチョビとケッパーのソース、オリーブオイルが良く合う。

まるで鮮魚のような扱い。
いや、それ以上だ。
茹でてはいるが、生のように噛んだ瞬間、奥歯からほっぺたにかけて、アスパラの水分が回る。
たまらない。
毎日、ランチで食べたい。
なんだろう、ホワイトアスパラを食べると、ずん、と力が湧く。

&show(): File not found: "s_anchovy.png" at page "アスパラの話";

アスパラの栄養
アスパラの中にはポリフェノール一種のルチンがたくさん含まれています。
ポリフェノールって何?
ルチンって何?'

・ポリフェノールポリフェノールは光合成によってできる植物の色素や苦味の成分で、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きをもつものです。
 これがいったん人間が食するとどうなるのか。
動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用といったさまざまな効用があるそうです。
だんだん難しくなってきたのでこれ以上は調べてません。
 要するにアスパラは健康にとても良いということです!
 
・ルチンはそのポリフェノールの一種で蕎麦に多く含まれている物質です。
ルチンを食べると毛細血管強化、硬動脈硬化、発癌物質の抑制が効用としてあるありがたい食べ物であります。
この、ルチンは季節、気候等でも変動する物質なので旬な時期に食べるのが一番長生きできます。
いや、できると思います。
やっぱり長生きしたい人はアスパラでしょう。

トップへ戻る

アスパラを使った料理

アスパラの豚肉巻き


アスパラの豚肉巻き

材料:アスパラ~2本・しょうが焼き用肉~10枚・ノリ~2、3枚・
    焼き肉のたれ~大3・塩~少々
作り方:1.アスパラは、お肉の大きさに合わせて切り、耐熱容器に入れる。
    2.容器に少量の水とお塩を入れてレンジで1分程度チン。
    ★様子を見ながら少しやわらかくなるまでチンします。
    3.しょうが焼き用のお肉を広げてノリをしいてチンしたアスパラを
      並べる。
    4.そのままクルクルノリと一緒に巻く。
    5.ボウルに巻き終わったものを並べておいて焼肉のたれをかける。
    6.そのまま15分程度浸しておく。
    7.お肉に焼肉のたれが染みたら今度は焼きます。
    8.何も入れていないフライパンを少し温めて、巻いたお肉を並べていく。
    ★タレが油の代わりになるので油はひかなくて大丈夫です。
    9.巻き終わった部分を下にして焼く。
    ★巻き終わりを下にするとはがれる心配がありません!

☆★グリーンアスパラガスを使ったおすすめ料理☆★

♪アスパラガスと炒り卵のサラダ♪
♪鶏肉とアスパラガスの中華風炒め♪
♪グリーンアスパラガスのにんにくしょうゆ炒め
♪えびとグリーンアスパラのさっと煮♪
♪えびとグリーンアスパラの春巻♪魚介とアスパラの塩炒め♪
♪アスパラの焼きびたし♪
♪アスパラベーコンスパゲティー♪
アスパラベーコンアスパラの焼きびたしアスパラと魚介の塩炒め

☆★アスパラの食べ方☆★

紫、グリーンアスパラは、ゆでてそのまま塩やマヨネーズ・レモン汁を絞ったりとお好きな調味料で!

紫アスパラは大変甘く生でもOK!
みずみずしく甘みがあるので、薄切りにしてレタスなどと混ぜサラダにして色を楽しんでいます。

紫アスパラを糠漬けにしてみました。
皮が柔らかく、何ともいえない甘みとでとても美味しいです。色も若干ですが残りました。

ホワイトアスパラは、レモン汁を加えてゆでます。
バターや卵との相性が抜群!

ミラノ風はゆでたアスパラガスに半熟の目玉焼きをのせて、焦がしバター、パルメザン・チーズをかけて出されます。

アスパラのつぶやき

アスパラにフレンチオニオンとオリーブオイル。
そこにパルミジャーノレッジャーノ。
シンプルなようで、ちゃんと味の計算がされている料理。
緑のアスパラに紫のアスパラも加わり、目にも嬉しい。
子どものころ、畑で穫ったばかりの、朝日を浴びてまだ温かいアスパラをかじったことがある。
あの味がよみがえる。
ドレッシングとチーズだけで仕上げた味にうなる。
穂先は柔らかい。
アスパラ独特の甘味と苦みと香りが口のなかでふぁっと立ち上がる。
全く青臭くない。
皮をむいた根元は、瑞々しいリンゴを噛んだときのようにパンと弾ける。
冷たいアスパラの水の甘みが広がる。
甘い。旨い。
画像の説明

トップへ戻る

アスパラ豆知識・レシピへ!

北海道といえばなんといっても「食」!

美味しい食べ物が沢山あることは全国的にも有名です!

中でも、5月~6月にかけてはアスパラガスが旬!!

ホワイトアスパラとグリーンアスパラはギフトでも人気の商品です。
そして高級パープルアスパラもこの度生産者さんのご協力でご用意することができました!

トップへ戻る

アスパラ豆知識
アスパラは、ヨーロッパでは古くから親しまれ食べられてきた野菜。2000年以上前から野生のものを利用したり、栽培をしていた。アスパラガスのふるさとは、南ヨーロッパから西アジアにかけての地域で、塩分の多い海岸などに自生している。タマネギやネギ、ニンニク、ニラと同じユリ科の植物で、多年草の宿根草だ。いまみんなが食べているアスパラガスの学名は、 アスパラガス・オフィシリスって言うのだけれど、このオフィシリスはラテン語で薬用という意味。名前からも、昔は薬用で利用されていたことがわかる。日本には、江戸時代にオランダ人によって伝えられました。主に観賞用でしたが、食用としては大正時代に北海道で栽培が始まりました。
アスパラは、しゃきっとした歯ざわりとみずみずしさが魅力の野菜。スリムなカラダなのに元気パワーに満ちた野菜だ。身体を元気にしてくれる成分として、栄養ドリンクにも使われているアスパラギン酸が豊富で、新陳代謝を高めて疲労回復に効果がある。また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれている。穂先に含まれるルチンは血管を強くして血圧を下げる働きがある。ほかに、カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれる。そんなところから、古代ギリシャ時代から、薬用植物として扱われてきた。
アスパラガスには「グリーンアスパラガス」と缶詰に多く使われることの多い「ホワイトアスパラガス」があります。これは品種が違うわけではなくて、栽培の方法が違います。同じアスパラガスの株でも新芽に光があたるようにして育てると新芽の茎に葉緑素が出来て「グリーンアスパラガス」に成長するし、新芽に光があたらないように土をかぶせて育てると、葉緑素ができずに白い色をした「ホワイトアスパラガス」に育ちます。
夏に立茎(りっけい)栽培するアスパラガスは、育った親木の日陰になるので淡い緑色のアスパラガスになります。
ヨーロッパでは、アスパラと言えばホワイトアスパラガスだけれど、なかでもフランスやオランダ、ドイツなどでは、「高貴な春野菜」として特別な食べ物。太くてきれいに穂先のしまったホワイトアスパラガスが高級品として特別な思いを持って食べられる。それは、ホワイトアスパラガスの発見と関係がある。今から500年ほど前の16世紀。イタリアのある村で、ひょうのおかげで農作物がまったく取れなくなってしまった年があった。食べるものがなく、飢えて苦しむ農民たち。ハラペコの農民たちはイモでも残っていないかと、必死に土を掘っていた。すると、土の中からなにやら白いものが・・・。そう、農民たちは偶然ホワイトアスパラガスを発見した。食べてみると、それはそれは甘くておいしかった。されからホワイトアスパラガスはヨーロッパ全土に広がり、春を告げる大切な野菜、春の風物詩として、大事に育てられてきた。ホワイトアスパラガスはフランスのルイ14世の大好物で、フランスでは芽の先を大切に扱うように、「マドモアゼルの指先」とも呼ばれている。ヨーロッパの春には、日本の「桜前線」のように「ホワイトアスパラガス前線」と言うのがあって、おいしいホワイトアスパラガスの収穫は、スペインで4月ごろから始まり、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツへと北上していく。

品 種
ユリ科。グリーンアスパラとホワイトアスパラがありますが種類は同じです。 陽に当てないように盛り土をして育てられたのがホワイトアスパラです。
地下に細い貯蔵根があり、そこから若い芽が何本も生えてきます。多年草で一つの株で10年以上も収穫できます。
雄株と雌株があり、雄株の方が太くておいしいと言われていますが、なかなか見分けるのは難しいです。 最近は、野生種のアスパラガスが市場に出回ってきました。茎が5mmぐらいと細く、穂先が頭でっかちに見えます。 やや粘りがあり、山菜のような味の濃さがあっておいしいです。

特産地
原産は地中海沿岸で、古代ギリシア時代から栽培されていたそうです。 日本では、昭和40年代に北海道でホワイトアスパラが盛んに栽培され、缶詰として売られていました。 今では長野県を始めとして全国でグリーンアスパラが栽培されています。


地域によって違いますが、路地物は5月から6月が最盛期です。採れたての早ければ早いほど甘味があり、 やわらかくてかつ歯ごたえもあっておいしいです。採れてから3日も経つと苦味が出て、繊維も硬くなってきます。 アスパラは美味しいヘルシーな健康野菜です

今ではアスパラは、1年中手に入る野菜になりました。

でも、ながい冬を4メートルにもなる雪の下でじっと耐えた北海道産のアスパラ。

雪解けとともに、にょきにょきとすごい勢いで顔を出す露地物のアスパラはやはり、一味もふた味も違います。

初夏の北海道を代表する旬の味覚グリーンアスパラ。

北海道の澄んだ空気と清らかな水、そしてカルシウムを多く含んだ恵まれた土壌が育んだ採れたてのグリーンアスパラを新鮮なまま産地直送にてお届けいたします。

お届けするグリーンアスパラは昼夜の寒暖の差が大きい旭川産のグリーンアスパラ。

寒暖の差は美味しく育つ条件のひとつ。

その農家が丹精込めて1本1本丁寧に育て上げたグリーンアスパラです。

グリーンアスパラは日持ちがしないので新鮮さが勝負。

ご注文をいただいてから収穫し、産地直送いたしますのでフレッシュそのものです。

細胞内の体液バランスを整え、エネルギーの生産力を高め、疲労物質を分解するアスパラギン酸もたっぷり。

疲れを感じたらアスパラガスを食べようとも言われる栄養満点の高原野菜を北海道から産地直送でお届けします。

一年のほんの短い時期にしか収穫ができない高原野菜で季節を感じながら、栄養を摂りながら美味しくいただきましょう。

この時期にしか食べることのできない北海道の旬を産地直送にて是非お召し上がりください。

ホワイトアスパラは土を盛って土の中で丁寧に栽培します。

ホワイトアスパラはグリーンアスパラに比べて収穫時期が短いので非常に希少価値が高く、ビタミンが豊富に含まれるため、古くはエジプト・ファラオの時代から重宝されていました。

またヨーロッパでは、貴族の間で春に食するホワイトアスパラを“食べる象牙”と非常に大切にされてきました。

アスパラというと、今や『グリーンアスパラ』が主流ですが、グリーンアスパラが市場に出始めたのは1960年代、
「アスパラ=グリーン」というイメージが強くなったのは、ここ最近のことです。

最近では、ホワイトアスパラの畑の激減による希少性と、フレッシュな美味しさが注目されています。

本来グリーンアスパラとホワイトアスパラは同種のものですが、栽培方法の違いで皮の色が異なります。

日光を受けて育つグリーンアスパラは、クロロフィルによって茎の色が緑色になり、一方ホワイトアスパラは、土を盛って育て、直射日光を浴びないように栽培するため、白い色をしています。

5月下旬、今年も太くてシャキシャキ歯ごたえが美味しい北海道で採れたホワイトアスパラの季節がやってきます。

缶詰のホワイトアスパラは年中いつでも食べられますが、生のホワイトアスパラが食べられるのは6月初旬から6月下旬の限られたわずかな間だけです。

その新鮮なホワイトアスパラを一般市場に出回る前に産地直送でお届けします。

ホワイトアスパラはグリーンアスパラに比べて収穫時期が短いので非常に希少価値が高く、ビタミンが豊富に含まれるため、古くはエジプト・ファラオの時代から重宝されていました。

またヨーロッパでは、貴族の間で春に食するホワイトアスパラを“食べる象牙”と非常に大切にされてきました。

アスパラというと、今や『グリーンアスパラ』が主流ですが、グリーンアスパラが市場に出始めたのは1960年代、「アスパラ=グリーン」というイメージが強くなったのは、ここ最近のことです。

ところが最近では、ホワイトアスパラの畑の激減による希少性と、フレッシュな美味しさが注目されています。

本来グリーンアスパラとホワイトアスパラは同種のものですが、栽培方法の違いで皮の色が異なります。

日光を受けて育つグリーンアスパラは、クロロフィルによって茎の色が緑色になり、一方ホワイトアスパラは、土を盛って育て、直射日光を浴びないように栽培するため、白い色をしています。

茹でて、焼いて、炒めて、と幅広い食べ方ができるホワイトアスパラには細胞内の体液バランスを整え、エネルギーの生産力を高め、疲労物質を分解するアスパラギン酸もたっぷり。

疲れを感じたらアスパラガスを食べようとも言われる栄養満点の高原野菜を北海道から産地直送にてお届けします。

一年のほんの短い時期にしか収穫ができないホワイトアスパラで季節を感じ、そして栄養を摂りながら美味しくいただきましょう。

この時期にしか食べることのできない北海道の旬を産地直送で是非お召し上がりください。

ホワイトアスパラに関しては、缶詰もありますから、食べたいときに食べられるというアスパラガス、日本ではすっかりおなじみの野菜ですね。

北海道では、昼と夜の寒暖差が大きい為、とっても甘い野菜、くだものがとれるのですが、北海道のグリーンアスパラは、お米のもみがらと有機の堆肥をつかった土で作られるので本当に柔らかく、そしてあま~くて美味しいアスパラができるのです。

紫アスパラを召し上がったことがあるでしょうか?

無農薬、そして北海道産露地アスパラというだけでも高級品のイメージがあるかと思いますが、この紫アスパラ、グリーンアスパラに比べて極端に収穫量が少ないという最高級品。

悲しきかな、3分の1しか採れないのです。

しかし、味は・・・口に入れる瞬間あふれる香ばしい香り。

シャキシャキした食感とあふれ出る甘い甘い甘~い汁。

グリーンアスパラよりずっっっと甘いのにそれはそれはびっくりです。

農薬、除草剤は一切使用しません。

アスパラの栽培は草との戦いだと言われます。

草が生えているとアスパラに光が当たらず、伸びなくなってしまうのです。

多くの農家が除草剤で草を枯らすなか、私達は手作業で草を抜いています。

微生物の力を強め、よい土を生み、安全、おいしいアスパラを生みます。

寒暖の差がアスパラの甘みを高めます。

北海道は春になっても、朝はフリースを着たくなるほど寒く、昼間はノースリーブで汗だく、夜はまた寒い、という日があります。

1日のうちに夏と冬がある。
その厳しい気候が甘さを高めます。

北海道の露地栽培のアスパラの収穫期間は一年のうちほんの一ヶ月と少しです。

収穫期間はそれだけですが、管理は雪解けから雪が積もるまで半年以上続きます。

じっくりと蓄えられた栄養がぎゅっと詰まった、濃い味わいのアスパラが生まれます。

冬の間何メートルも積もった雪の、雪解け水でアスパラは伸びます。

ミネラル、栄養たっぷり、山奥、大自然の雪解け水です。

このアスパラのジューシーなみずみずしさ、風味の素晴らしさはさの、自然の清らかな恵みから生まれます。

「アスパラは畑で茹でろ」という言葉があります。

時間がたつと甘みが逃げ、固くなります。

アリビオスーパーではアスパラを収穫したその日に直接お客様へ発送しています。
一般的な流通過程の何倍ものスピードで、畑で食べるようなおいしさをお届けします。

アスパラの冷凍保存

アスパラガスの冷凍保存の仕方。
収穫後のアスパラは冷蔵で2~3日の間で食べてしまうほうが良いですが、栽培の規模などによって採れすぎた場合など冷凍保存できます。
アスパラそのままの場合、さっと湯通ししてから冷蔵保存。
(火を通してしまわないところがポイントです。)
解凍する場合はたくさんのお湯をかけて解凍してください。
アスパラの牛肉まきの場合。
茹でたアスパラを牛肉でまいてすぐに使えるように冷蔵しておきたい場合の保存方法はフライパンでいためる状態に仕込んだものを冷凍して、解凍はフライパンで肉に火が通るまで加熱してから、味付けをしてください。

トップへ戻る

アスパラガス栄養素(食材100g当たり)
・カロチンが370μg
・ビタミンKが46μg
・ビタミンCが16mg
・カリウムが260mg
・リンが61mg
・カルシウムが19mg

●グリーン? ホワイト? どっちもアスパラガス
 実はどちらも同じ品種のアスパラガスなんです。よく缶詰などで売られている白いアスパラガスは盛り土の中で育ち、日光に当たらないうちに収穫します。反対に土盛りしないで、日光にたくさん当たって育ったのがグリーンアスパラガスです。味や栄養も違うのでお料理によって使い分けられますね。

●アスパラガスから発見されたアスパラギン
 アスパラガスには、体内に吸収されるとアスパラギン酸というアミノ酸に変化するアスパラギンが多く含まれています。
 アスパラギン酸は疲労回復によく、新陳代謝を促進したり、タンパク質の合成を高めてくれます。
アスパラドリンクってあるけど、アスパラガスのアスパラギンが入ってるからアスパラドリンクなんだって

◎アスパラ豆知識◎

アスパラガスという名前は、「たくさん分かれる」とか「激しく裂ける」というギリシャ語からつけられた名前。

そこから「新しい芽」と言う意味を持つようになりました。

アスパラの新芽は地面を押しのけて次々生えてきます。

根に蓄えた養分で、一つの株から若い芽が何本も生えてくるんです。
a:1164 t:1 y:0
このたび、当サイトはリニューアルいたしまして
alivio super アリビオ・スーパーへと生まれ変わりました。
より分かりやすいサイトを目指してまいります。
これまでドンコロ☆野菜市場をご利用くださいまして
誠にありがとうございました。
今後はアリビオ・スーパーをご利用いただけますよう
お願いいたします。
新しくなった当社ホームページを是非1度ご覧ください。

aliviosuperへ

 ドンコロ☆北海道産美味しい アスパラ屋さん

とびきり新鮮な旬の野菜をを北海道より産地直送でお届けします!
とれたてのアスパラ♪じゃがいも♪とうもろこしなど季節の新鮮な野菜を食卓へお届けします♪
広大な台地が広がる北海道の中でも、産地、味にこだわったギフトでも人気の絶品野菜をご提供しています!
とくに、全国的にも有名な北海道産のアスパラ(グリーンアスパラ、ホワイトアスパラ)やじゃがいも(ジャガイモ)メークイーン、インカのめざめ、とうもろこし(スイートコーン)など旬の食材を採れたてでお届けいたします!
採れたてをお届けする為に殆どが期間限定ですので是非この機会お見逃しなきよう「ドンコロ野菜市場」をご利用下さい

“旬”のアスパラを“新鮮”なまま味わいたいなら、断然『ドンコロ☆野菜市場』の北海道産シャキシャキアスパラです!ジューシー感が違います♪是非一度お試し下さい!リピーターになる事間違いなしです。

ギフトにも喜ばれる、北海道産グリーンアスパラは熨斗対応も可能ですので、大切なあの方へのギフトとしてもご利用下さい。

いよいよ近づいてきたアスパラの季節!!是非当店のグリーンアスパラをお取り寄せしてみて下さい♪
きっと、他のアスパラは食べられなくなりますよ(^_^)
ギフトでも大人気♪北海道産野菜(じゃがいも,アスパラ,とうもろこし)

北海道といえばなんといっても「食」!美味しい食べ物が沢山あることは全国的にも有名ですが、数ある北海道の特産品の中でも人気なのが海の幸と並ぶ北海道の味覚、農産物!
中でも、じゃがいもは全国的にも有名ですが北海道には季節によって様々な美味しい野菜が採れます。
例えば、これからの季節(5月~6月にかけて)はアスパラガスが旬!!アスパラの中でも ホワイトアスパラとグリーンアスパラはギフトでも人気の商品です。
7月~8月にかけては北海道の夏の風物詩でもあるとうもろこし(トウモロコシ)!最近では、ピュア ホワイトという品種のとうもろこしが人気で、その甘さはまるでフルーツのようです。お中元などのギフトにも喜ばれます。
そして、最後にはなんと言ってもじゃがいも(ジャガイモ)秋から冬(3月もで)にかけてが旬ですが北海道のじゃがいもといってもたくさんの品種があります。
ジャガイモの中でも人気なのがインカのめざめ!!まるでサツマイモのような甘さはお歳暮ギフトなでで大人気です。
是非、1年を通して楽しめる北海道の旬の野菜をご賞味下さい!!お中元、お歳暮などのギフトでもきっと御満足頂けると思います。

グリーンアスパラガス
栄養
たんぱく質が比較的多く、新陳代謝を活発にし、体力回復、美肌に効果があるアスパラギン酸を含んでいます。カロテン、ビタミンB2、食物繊維も豊富。

目利き・保存
太くまっすぐ伸び、穂先が固くしまっているものを選ぶのがポイントです。冷蔵庫で穂先を上にして立てて保存すると長持ちします。
グリーンアスパラは太陽の光を沢山浴びてグングンと育ちます。

調理のヒント
素材そのものに自然な甘味があるので、塩ゆでや、塩焼きなど、シンプルな料理法がおすすめ。好みでホワイトソース、マヨネーズ、レモンなどを合わせても。サラダ、グラタン、天ぷらなどにもよく合います。

アスパラは健康食材です!
穂先に含まれるルチンは、血管を丈夫にし、高血圧を抑制します。ガンなどの原因を作る活性酸素を抑えるグルタチオン・動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれており、蛋白質・ビタミン・ミネラルなどをバランスよく含み、アミノ酸の一種アスパラギン酸は、新陳代謝を促進します。
 疲労回復・老化防止効果抜群です。ビタミンA・B1・CやビタミンEもたっぷり含んでいるので若返り効果や、食物繊維も豊富で美肌効果も期待できます。まさに健康パワー満杯の野菜です。

アスパラ豆知識
アスパラは、ヨーロッパでは古くから親しまれ食べられてきた野菜。2000年以上前から野生のものを利用したり、栽培をしていた。アスパラガスのふるさとは、南ヨーロッパから西アジアにかけての地域で、塩分の多い海岸などに自生している。タマネギやネギ、ニンニク、ニラと同じユリ科の植物で、多年草の宿根草だ。いまみんなが食べているアスパラガスの学名は、 アスパラガス・オフィシリスって言うのだけれど、このオフィシリスはラテン語で薬用という意味。名前からも、昔は薬用で利用されていたことがわかる。日本には、江戸時代にオランダ人によって伝えられました。主に観賞用でしたが、食用としては大正時代に北海道で栽培が始まりました。
アスパラは、しゃきっとした歯ざわりとみずみずしさが魅力の野菜。スリムなカラダなのに元気パワーに満ちた野菜だ。身体を元気にしてくれる成分として、栄養ドリンクにも使われているアスパラギン酸が豊富で、新陳代謝を高めて疲労回復に効果がある。また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれている。穂先に含まれるルチンは血管を強くして血圧を下げる働きがある。ほかに、カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれる。そんなところから、古代ギリシャ時代から、薬用植物として扱われてきた。
アスパラガスには「グリーンアスパラガス」と缶詰に多く使われることの多い「ホワイトアスパラガス」があります。これは品種が違うわけではなくて、栽培の方法が違います。同じアスパラガスの株でも新芽に光があたるようにして育てると新芽の茎に葉緑素が出来て「グリーンアスパラガス」に成長するし、新芽に光があたらないように土をかぶせて育てると、葉緑素ができずに白い色をした「ホワイトアスパラガス」に育ちます。
夏に立茎(りっけい)栽培するアスパラガスは、育った親木の日陰になるので淡い緑色のアスパラガスになります。
ヨーロッパでは、アスパラと言えばホワイトアスパラガスだけれど、なかでもフランスやオランダ、ドイツなどでは、「高貴な春野菜」として特別な食べ物。太くてきれいに穂先のしまったホワイトアスパラガスが高級品として特別な思いを持って食べられる。それは、ホワイトアスパラガスの発見と関係がある。今から500年ほど前の16世紀。イタリアのある村で、ひょうのおかげで農作物がまったく取れなくなってしまった年があった。食べるものがなく、飢えて苦しむ農民たち。ハラペコの農民たちはイモでも残っていないかと、必死に土を掘っていた。すると、土の中からなにやら白いものが・・・。そう、農民たちは偶然ホワイトアスパラガスを発見した。食べてみると、それはそれは甘くておいしかった。されからホワイトアスパラガスはヨーロッパ全土に広がり、春を告げる大切な野菜、春の風物詩として、大事に育てられてきた。ホワイトアスパラガスはフランスのルイ14世の大好物で、フランスでは芽の先を大切に扱うように、「マドモアゼルの指先」とも呼ばれている。ヨーロッパの春には、日本の「桜前線」のように「ホワイトアスパラガス前線」と言うのがあって、おいしいホワイトアスパラガスの収穫は、スペインで4月ごろから始まり、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツへと北上していく。

品 種
ユリ科。グリーンアスパラとホワイトアスパラがありますが種類は同じです。 陽に当てないように盛り土をして育てられたのがホワイトアスパラです。
地下に細い貯蔵根があり、そこから若い芽が何本も生えてきます。多年草で一つの株で10年以上も収穫できます。
雄株と雌株があり、雄株の方が太くておいしいと言われていますが、なかなか見分けるのは難しいです。 最近は、野生種のアスパラガスが市場に出回ってきました。茎が5mmぐらいと細く、穂先が頭でっかちに見えます。 やや粘りがあり、山菜のような味の濃さがあっておいしいです。

特産地
原産は地中海沿岸で、古代ギリシア時代から栽培されていたそうです。 日本では、昭和40年代に北海道でホワイトアスパラが盛んに栽培され、缶詰として売られていました。 今では長野県を始めとして全国でグリーンアスパラが栽培されています。


地域によって違いますが、路地物は5月から6月が最盛期です。採れたての早ければ早いほど甘味があり、 やわらかくてかつ歯ごたえもあっておいしいです。採れてから3日も経つと苦味が出て、繊維も硬くなってきます。 アスパラは美味しいヘルシーな健康野菜です

食べ方
ゆでてそのまま塩やマヨネーズなどの好きな調味料で食べても十分おいしいです。 根元の方の3分の1ぐらいは皮むき器で皮を剥くといいでしょう。
ホワイトアスパラは、レモン汁を加えてゆでます。
バターや卵との相性が抜群。 ミラノ風はゆでたアスパラガスに半熟の目玉焼きをのせて、焦がしバター、パルメザン・チーズをかけて出されます。

成 分

高血圧を予防するアスパラギンを豊富に含んでいます。たんぱく質の多い健康食品で、 グリーンの方はビタミンB2、カロチン、食物繊維も豊富です。 健康によい野菜です

<グリーンアスパラ>
 収穫時期 4月中旬~9月中旬 
  旬の時期は5月中旬~6月中旬
特徴
ほとんどが露地栽培なので、自然の恵みをたっぷり授かっています。 アスパラ特有のスジが少なくて、やわらかいのにシャキっとした野菜らしい歯ごたえがあります。根元までしっかり甘くて美味しいアスパラです。
細いものの方が筋がなくて美味しいと思っていませんか? 頭の部分の方が甘くておいしいと思っていませんか? 太くても根元までやわらかく、太いほうがアスパラのジューシーな甘さを実感することができますよ!
ひきしまった頭部の糖度は平均6度。意外にも、トマトと同じ位の糖度があるのです! この甘さは有機肥料と泥炭の肥沃な土地の栄養分による自然な甘みなのです。

<ムラサキアスパラ>
収穫時期 5月下旬~6月上旬(この時期がピーク)
7月下旬~9月中旬

特徴
・グリーンより糖度が高く、さらにやわらかいのが大きな特徴。
この、濃厚な甘さとやわらかさを楽しむには生で食べるのが一番!
新鮮なものを生のまま召し上がれ!!

品種
バーガンディ
満味紫
育てかた
育て方はグリーンアスパラと同じです。

<ホワイトアスパラ>
収穫時期 ハウス栽培のため、
4月中旬~5月中旬の収穫のみです。

特徴
土の中で育つので土の抵抗を受けて一生懸命伸びようとしていることから、養分を含んだ凝縮された味わいが楽しめます。
グリーンやムラサキとは違う、独特の甘み、ほのかな苦み、白もしくは薄ピンクの綺麗な色彩などが特徴です。

ホワイトアスパラの缶詰を食べたことのある方も多いと思います。
苦手な方もいらっしゃるのでは?
生食用のホワイトアスパラとは、食感、食味、風味が異なり、その違いと美味しさにびっくりしますよ!

品種
コロポックル

育てかた
アスパラ屋としてのこだわりとして、昔ながらの『土盛り栽培』です。
最新のトンネル栽培では土の抵抗を受けずに伸びるために、味に深みがないとの評判も聞きます。そこで、あえて土を盛る手間をかけたおいしさにこだわりました。
頭に色がつかないように遮光シートを土の上からかけており、収穫は土を掘って行います

栄養価  
独特の甘みと苦みは、プロトディオンというサポニンの一種が豊富に含まれているためです。サポニンは、脂質の吸収を抑え、血液をさらさらにする効果があると言われています。

保存方法
基本的にはグリーンアスパラと同じです。日を置くことで苦味が増します。また光に当たらずに育ったため、明るい所に置いておくと緑に変色していきます。

画像の説明

紫色のアスパラは、見た目の色の通り、
目に良いとされているアントシアニンがとても豊富で
カラダにもとても良く、甘さもグリーンアスパラよりも
糖度にして1度から2度違うと言われています。

収穫量はグリーンアスパラと比較すると、
半分くらいと作るのがとても難しい為、
生産する農家さんもまだまだ少なく
市場には、ほとんど出回っていないのが現状。

そんな貴重な紫アスパラを、数量限定ながらこの度
グリーンアスパラとセットにして、お届けできる事になりました!
北海道からお届けする産直野菜。新鮮、安全、めずらしい野菜!
春の最高級野菜 紫アスパラガス。非常に人気の高い商品です。
「紫アスパラ」のおいしさを、めいっぱい高める環境があります。 お届けは五月中旬から。
北海道から、すこし遅い「春のよろこび」をお届けいたします。
今ではアスパラは、1年中手に入る野菜になりました。でも、ながい冬を4メートルにもなる雪の下でじっと耐えた北海道産のアスパラ。
雪解けとともに、にょきにょきとすごい勢いで顔を出す露地物のアスパラはやはり、一味もふた味も違います。紫アスパラ召し上がったことがあるでしょうか?無農薬、そして北海道産露地アスパラというだけでも高級品のイメージがあるかと思いますが、この紫アスパラ、グリーンアスパラに比べて極端に収穫量が少ないという最高級品。悲しきかな、3分の1しか採れないのです。しかし、味は・・・口に入れる瞬間あふれる香ばしい香り。シャキシャキした食感とあふれ出る甘い甘い甘~い汁。グリーンアスパラよりずっっっと甘いのに  それはそれはびっくりです。
農薬、除草剤は一切使用しません。アスパラの栽培は草との戦いだと言われます。草が生えているとアスパラに光が当たらず、伸びなくなってしまうのです。多くの農家が除草剤で草を枯らすなか、私達は手作業で草を抜いています。微生物の力を強め、よい土を生み、安全、おいしいアスパラを生みます。
暖の差がアスパラの甘みを高めます。北海道は春になっても、朝はフリースを着たくなるほど寒く、昼間はノースリーブで汗だく、夜はまた寒い、という日があります。1日のうちに夏と冬がある。その厳しい気候が甘さを高めます。
北海道の露地栽培のアスパラの収穫期間は一年のうちほんの一ヶ月と少しです。収穫期間はそれだけですが、管理は雪解けから雪が積もるまで半年以上続きます。じっくりと蓄えられた栄養がぎゅっと詰まった、濃い味わいのアスパラが生まれます
の間何メートルも積もった雪の、雪解け水でアスパラは伸びます。ミネラル、栄養たっぷり、山奥、大自然の雪解け水です。このアスパラのジューシーなみずみずしさ、風味の素晴らしさはさの、自然の清らかな恵みから生まれます。
「アスパラは畑で茹でろ」という言葉があります。時間がたつと甘みが逃げ、固くなります。ドンコロ野菜市場ではアスパラを収穫したその日に直接お客様へ発送しています。一般的な流通過程の何倍ものスピードで、畑で食べるようなおいしさをお届けします。

画像の説明

初夏の北海道を代表する旬の味覚グリーンアスパラ。北海道の澄んだ空気と清らかな水、そしてカルシウムを多く含んだ恵まれた土壌が育んだ採れたてのグリーンアスパラを新鮮なまま産地直送にてお届けいたします。お届けするグリーンアスパラは昼夜の寒暖の差が大きい北海道産のグリーンアスパラ。寒暖の差は美味しく育つ条件のひとつ。その農家が丹精込めて1本1本丁寧に育て上げたグリーンアスパラです。グリーンアスパラは日持ちがしないので新鮮さが勝負。ご注文をいただいてから収穫し、産地直送いたしますのでフレッシュそのものです。茹でて、焼いて、炒めて、と幅広い食べ方ができるグリーンアスパラには細胞内の体液バランスを整え、エネルギーの生産力を高め、疲労物質を分解するアスパラギン酸もたっぷり。疲れを感じたらアスパラガスを食べようとも言われる栄養満点の高原野菜を北海道から産地直送でお届けします。一年のほんの短い時期にしか収穫ができない高原野菜で季節を感じながら、栄養を摂りながら美味しくいただきましょう。この時期にしか食べることのできない北海道の旬を産地直送にて是非お召し上がりください。

“旬”のアスパラを“新鮮”なまま味わいたいなら、断然『ドンコロ野菜市場』の北海道産シャキシャキアスパラです!ジューシー感が違います♪是非一度お試し下さい!リピーターになる事間違いなしです。ギフトにも喜ばれる、北海道産グリーンアスパラは熨斗対応も可能ですので、大切なあの方へのギフトとしてもご利用下さい。

画像の説明

グリーンアスパラが太陽の光を浴びてグングン育つのに対し、ホワイトアスパラは土を盛って土の中で丁寧に栽培します。
ホワイトアスパラはグリーンアスパラに比べて収穫時期が短いので非常に希少価値が高く、ビタミンが豊富に含まれるため、古くはエジプト・ファラオの時代から重宝されていました。またヨーロッパでは、貴族の間で春に食するホワイトアスパラを“食べる象牙”と非常に大切にされてきました。アスパラというと、今や『グリーンアスパラ』が主流ですが、グリーンアスパラが市場に出始めたのは1960年代、「アスパラ=グリーン」というイメージが強くなったのは、ここ最近のことです。ところが最近では、ホワイトアスパラの畑の激減による希少性と、フレッシュな美味しさが注目されています。本来グリーンアスパラとホワイトアスパラは同種のものですが、栽培方法の違いで皮の色が異なります。日光を受けて育つグリーンアスパラは、クロロフィルによって茎の色が緑色になり、一方ホワイトアスパラは、土を盛って育て、直射日光を浴びないように栽培するため、白い色をしています。

5月下旬、今年も太くてシャキシャキ歯ごたえが美味しい北海道で採れたホワイトアスパラの季節がやってきます。缶詰のホワイトアスパラは年中いつでも食べられますが、生のホワイトアスパラが食べられるのは6月初旬から6月下旬の限られたわずかな間だけです。その新鮮なホワイトアスパラを一般市場に出回る前に産地直送でお届けします。ホワイトアスパラはグリーンアスパラに比べて収穫時期が短いので非常に希少価値が高く、ビタミンが豊富に含まれるため、古くはエジプト・ファラオの時代から重宝されていました。またヨーロッパでは、貴族の間で春に食するホワイトアスパラを“食べる象牙”と非常に大切にされてきました。アスパラというと、今や『グリーンアスパラ』が主流ですが、グリーンアスパラが市場に出始めたのは1960年代、「アスパラ=グリーン」というイメージが強くなったのは、ここ最近のことです。ところが最近では、ホワイトアスパラの畑の激減による希少性と、フレッシュな美味しさが注目されています。本来グリーンアスパラとホワイトアスパラは同種のものですが、栽培方法の違いで皮の色が異なります。日光を受けて育つグリーンアスパラは、クロロフィルによって茎の色が緑色になり、一方ホワイトアスパラは、土を盛って育て、直射日光を浴びないように栽培するため、白い色をしています。茹でて、焼いて、炒めて、と幅広い食べ方ができるホワイトアスパラには細胞内の体液バランスを整え、エネルギーの生産力を高め、疲労物質を分解するアスパラギン酸もたっぷり。疲れを感じたらアスパラガスを食べようとも言われる栄養満点の高原野菜を北海道から産地直送にてお届けします。一年のほんの短い時期にしか収穫ができないホワイトアスパラで季節を感じ、そして栄養を摂りながら美味しくいただきましょう。この時期にしか食べることのできない北海道の旬を産地直送で是非お召し上がりください。

アスパラは春から夏にかけて食卓を彩る野菜として、いろいろな料理に使われます。
この頃はおなじみの野菜として食べられる機会は多いですが、スーパーなどでの野菜のコーナーにのぼったのは昭和40年代からくらいです。
アスパラガスといえば、大体の方がグリーンアスパラを思い浮かべると思いますが、ホワイトアスパラもあります。
このグリーンアスパラとホワイトアスパラの差は、日光が当たるかあたらないかの差ですが、食感も味も栄養も変わってきます。
そして、多く目にするのもグリーンアスパラでしょう。
アスパラガスの食べ方は、炒める、茹でる、生でとバリエーションも豊かですし、肉やベーコン、チーズなどとも相性がよいです。おまけに美味しいヘルシーな野菜なのでどんな料理にもぴったりです。もともと観賞用として日本に入ってきたアスパラは食べる以外にも、観る観葉植物としてのアスパラガスとしての顔もあります。

栄養価についてもドリンク剤にアスパラガスと同様の栄養が入っているほどですから、アスパラガスのは元気になる栄養が入っています。抽象的な言い方ですが、疲労回復や血行がよくなるなどの効果があります。全国的に収穫が可能なアスパラガスですが、一本単価にしても割安な野菜ですから、アスパラガスはどんどんと摂取したい野菜です。
また、今では、冬でも外国産のアスパラを見ることもあります。
ホワイトアスパラに関しては、缶詰もありますから、食べたいときに食べられるというアスパラガス、日本ではすっかりおなじみの野菜ですね。北海道では、昼と夜の寒暖差が大きい為、とっても甘い野菜、くだものがとれるのですが、北海道のグリーンアスパラは、お米のもみがらと有機の堆肥をつかった土で作られるので本当に柔らかく、そしてあま~くて美味しいアスパラができるのです。

アスパラのゆで方
アスパラのゆで方は、先っぽと根元のほうで火の通り方が違うので、半分に切ったものを根元のほうからお湯に入れてください。(お湯はなるべくたくさんで少し塩を入れたものを沸騰させて。)先に根元を入れて次は先っぽを。茹で時間は2~3分でお好みによって調整してください。ゆで上がったら冷水にさらさずそのままでOKです。アスパラのおいしいゆで方は以上です。

アスパラの冷凍保存

アスパラガスの冷凍保存の仕方。収穫後のアスパラは冷蔵で2~3日の間で食べてしまうほうが良いですが、栽培の規模などによって採れすぎた場合など冷凍保存できます。
アスパラそのままの場合、さっと湯通ししてから冷蔵保存。(火を通してしまわないところがポイントです。)解凍する場合はたくさんのお湯をかけて解凍してください。
アスパラの牛肉まきの場合。茹でたアスパラを牛肉でまいてすぐに使えるように冷蔵しておきたい場合の保存方法はフライパンでいためる状態に仕込んだものを冷凍して、解凍はフライパンで肉に火が通るまで加熱してから、味付けをしてください。

アスパラの栽培方法

アスパラガスの栽培方法を順を追って、説明します。植える時期
苗:2月中~3月下 もしくは 10月上~11月中
春植えのほうがよりよいようです。
まずはベランダで育てる場合は大きなプランターか、10号以上の鉢と培養土/ゆっくり効くタイプの肥料を用意してください。直植えの場合は、石灰をまいて耕しておいてください。広さはプランター上記のプランターぐらいの広さを目安に一株植えます。 アスパラは耐寒性、対暑性が強く非常に育てやすいです。プランタの場合土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。やがてにょきにょきと新芽が出てきますのでお楽しみに。ちなみに新芽に日が当たらないようにして育てればホワイトアスパラになります。グリーンアスパラ、紫アスパラという品種はありますが、ホワイトアスパラという品種は無いんですよ。苗を植えて栽培した場合の注意点は、一年目はまだ株が未熟なため、最初の何本かは収穫しても良いですが、株を育てるためにそれ以上は乱獲になってしまうため我慢してください。うまく育つと10年は収穫できるので、とりすぎには注意してください。収穫期が終わったら、置き型の肥料をあげてください。収穫したてのアスパラをすぐに茹でて食べるとおいしいですよ!アスパラの栽培をしてよかったと思える瞬間です!採れすぎた場合の冷凍保存方法についても次の項目で紹介しておきます。
「アスパラは手が掛かる子供のようなもの。」ある農家のおばちゃんが言っておりました。早朝4時と午後1時、大地の栄養を吸い上げドンドン成長するアスパラは一日2回収穫しなきゃならないそうです。特にホワイトアスパラは盛土をして太陽の光を遮断します。盛土の小さな亀裂を見極め、アスパラの成長を判断し、長い柄の付いたノミを使い土に埋まった根本から切り出します。こうして真っ白で美しいホワイトアスパラが収穫されるんですネ。1本1本手作業で収穫され、1本1本丁寧に仕分けされて出荷されるのです。旬の大地の恵みは農家の皆さんのたっぷりの愛情も注がれ、私達の食卓に届けられるんですネ♪

ヘルシー美味しい低カロリーレシピ
アスパラの肉巻き
材料:アスパラ~2本・しょうが焼き用肉~10枚・ノリ~2、3枚・
    焼き肉のたれ~大3・塩~少々
作り方:1.アスパラは、お肉の大きさに合わせて切り、耐熱容器に入れる。
    2.容器に少量の水とお塩を入れてレンジで1分程度チン。
    ★様子を見ながら少しやわらかくなるまでチンします。
    3.しょうが焼き用のお肉を広げてノリをしいてチンしたアスパラを
      並べる。
    4.そのままクルクルノリと一緒に巻く。
    5.ボウルに巻き終わったものを並べておいて焼肉のたれをかける。
    6.そのまま15分程度浸しておく。
    7.お肉に焼肉のたれが染みたら今度は焼きます。
    8.何も入れていないフライパンを少し温めて、巻いたお肉を並べていく。
    ★タレが油の代わりになるので油はひかなくて大丈夫です。
    9.巻き終わった部分を下にして焼く。
    ★巻き終わりを下にするとはがれる心配がありません!

アンチエイジング・ワンポイントレッスン
酸化力の強い活性酸素は、体内に取り入れられた酸素がエネルギーを生み出す過程で変化したものです。この活性酸素は過酸化脂質の蓄積の原因となり、そのことによって老化が進行することがわかってきました。活性酸素は、ビタミンC、E、β-カロチン、また、抗酸化物質のフラボノイドやポリフェノールを摂ることで、その活動を抑えられます。
★オススメの食材★
果物や野菜にビタミンCはたくさん含まれています。また、にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜には、βカロチンが多く含まれています。脳腫瘍の発症原因は、現在は不明です。特定の食べ物だけをたくさん食べるといった偏った食べ方ではなく、他種類の食品を色々な組み合わせでバランス良く食べることで抗酸化物質を取り入れることができます。カロテノイドは緑黄色野菜、さけ、海藻などに、フラボノイド、ポリフェノールはほとんどの植物性食品に含まれています。

豆腐ハンバーグ
材料:豆腐~1丁・挽肉~200g・ごぼう~1/2本・長ネギ~1/2本・玉ネギ~半分・生姜~1かけ
   醤油~小1・パン粉~1カップ・卵~1個・塩~適量・コショウ~適量

作り方:1.ごぼうは皮をむいてザク切りにしてお酢を少したらした水に5分程度浸しておきます。
    2.水からあげて、みじん切りにし、耐熱容器に入れてレンジで1分程度チンします。
    3.長ネギ、たまねぎ、生姜はみじん切りにしておきましょう。
    4.豆腐はキッチンペーパーなどでくるんでざるに置いて水を少し切っておきます。
    5.ボウルに水を切った豆腐とひき肉を入れて混ぜ合わせます。
    6.そこにごぼう、長ネギ、たまねぎ、生姜をまぜてコネコネ。
    7.醤油、パン粉、溶いた卵を入れてさらにコネコネ。
    8.塩、コショウを入れてまだまだコネコネ。
    9.粘りが出てくるまでよくこねる事で型崩れしないハンバーグができます。
   10.形を整えてフライパンで焼いたら出来上がり。

アンチエイジング・ワンポイントレッスン
酸化力の強い活性酸素は、体内に取り入れられた酸素がエネルギーを生み出す過程で変化したものです。
この活性酸素は過酸化脂質の蓄積の原因となり、そのことによって老化が進行することがわかってきました。
活性酸素は、ビタミンC、E、β-カロチン、また、抗酸化物質のフラボノイドやポリフェノールを摂ることで、その活動を抑えられます。
★オススメの食材★
果物や野菜にビタミンCはたくさん含まれています。また、にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜には、βカロチンが多く含まれています。
脳腫瘍の発症原因は、現在は不明です。
特定の食べ物だけをたくさん食べるといった偏った食べ方ではなく、他種類の食品を色々な組み合わせでバランス良く食べることで抗酸化物質を取り入れることができます。
カロテノイドは緑黄色野菜、さけ、海藻などに、フラボノイド、ポリフェノールはほとんどの植物性食品に含まれています。

画像の説明

生のグリーンアスパラにフレンチオニオンとオリーブオイル。そこにパルミジャーノレッジャーノ。シンプルなようで、ちゃんと味の計算がされている料理が、アスパラの旨味を引き出す。緑のアスパラに紫のアスパラも加わり、目にも嬉しい。子どものころ、畑で穫ったばかりの、朝日を浴びてまだ温かいアスパラをかじったことがある。あの味がよみがえる。オーナーが毎朝、状態のよい畑、農家に寄って仕入れて来るという新鮮野菜アスパラ。
 グリーンアスパラを生で食べるのは、北海道でもごく一部の習慣だろう。「畑で穫ってその場で」というほど新鮮でないと、筋を強く感じ、えぐみもでてくる。とうとう、レストランで出会えた生のアスパラ。料理人が冷やして、ドレッシングとチーズだけで仕上げた味にうなる。穂先は軟らかく、アスパラ独特の甘味と苦みと香りが口のなかでふぁっと立ち上がる。全く青臭くない。皮をむいてくれた根元は、瑞々しいリンゴを噛んだときのようにパンと弾けて、冷たいアスパラの水の甘みが広がる。甘い。旨い。

画像の説明

丁寧に皮を剥いたホワイトアスパラ。生の食感を残した茹で上げ。カリッと音がするほどの歯ごたえに満足感がある。香ばしいホワイトアスパラの香りと茹でた甘味。これに、アンチョビとケッパーのソース、オリーブオイルが良く合う。流石、今朝のアスパラだ。
まるで鮮魚のような扱い。いや、それ以上だ。茹でてはいるが、生のように噛んだ瞬間、奥歯からほっぺたにかけて、アスパラの水分が回る。たまらない。毎日、ランチで食べたい。なんだろう、ホワイトアスパラを食べると、ずん、と力が湧く。

【アスパラ保存方法】
アスパラは収穫後も活発に呼吸を続け、横置きにしたまま放置しておくと数時間で穂先が持ち上がってしまうほど元気いっぱいの作物ですが、その分エネルギー(美味しさ)を多く消耗し、鮮度が急速に落ちてしまいます。アスパラが持つ本来の美味しさを守るための最大の課題は?それはずばり「鮮度の維持」です。収穫したてのアスパラを専用の冷蔵庫でまずは冷却(冷凍ではありません)します。
これは「予冷」といい、アスパラの活発な生命活動を冷却することによって停滞させ、冬眠のような状態にすることで鮮度の消耗を大きく抑えるための手法です。購入後保存するには立てておくのが一番ベストでしょう。その際、根もとはキッチンぺーパーなどでぬらしておくと更に良いでしょう。収穫直後から冷やしておくことで、「予冷」→「冷蔵便」→「ご自宅の冷蔵庫」と、お客様のご自宅での保存までを視野に入れたムダのない鮮度の維持ができます。
ところで、いくら鮮度を保持しても肝心のアスパラ自体が美味しくなくては意味がありません。米糠や菜種油の粕、鶏糞等の有機堆肥を使い、化学肥料や農薬の使用を最小限に抑えて健康な土作りにこだわって栽培しています。健康で栄養豊かな土で育ったアスパラは幹が太く、程よい柔らかさで、シャキシャキとした歯ざわりが楽しめます。アスパラの美味しさとは、何といっても爽やかな甘味にシャキシャキとした歯ごたえとみずみずしさ!
スーパーなどで手に入るアスパラの中には、収穫してから店頭に並ぶまでに時間がかかり過ぎ、すっかり甘みが抜けて、せっかくお料理をしても「アスパラ自体の味がほとんどしない」ということもしばしば・・・鮮度がよく、太陽をいっぱい浴びて元気に育ったアスパラは甘味や旨味が格段に違います。

アスパラガスの健康効果
アスパラガスにはカロチン(ビタミンA)が多く含まれ、病気に対する抵抗力を高める効果がある。
また主成分でアミノ酸の一種であるアスパラギン酸には新陳代謝を促すとともに、タンパク質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的だ。アスパラガスの穂先部分にはルチンという成分が含まれており、血管を丈夫にし、高血圧や動脈硬化の予防に効果がある。さらにアスパラガスはカロチン、ビタミンE、ビタミンCを同時に摂取することが出来るため、抗酸化作用が高く、体の老化防止、ガンの抑制、美容に効果がある。またアスパラガスは赤血球をつくるために必要な葉酸を含んでいるため貧血に効果がある。貧血ぎみの人にもぜひお勧めしたい。

アスパラガス栄養素(食材100g当たり)
・カロチンが370μg
・ビタミンKが46μg
・ビタミンCが16mg
・カリウムが260mg
・リンが61mg
・カルシウムが19mg

グリーンアスパラの栽培法

品 種: メリーワシントン500W, ウエルカム、スーパーウエルカム
播 種: 種蒔きは3月上旬~下旬頃にペーパーポットあるいはポリポットに1粒ずつ播種する。
肥 料: 育苗肥料は市販のピート(腐植フミン酸)培養土を使用しても良い。成分1L当りN180mgP120mgK220mgの成分が入っている。 発芽まで温度は25度~28度を保ち夜間は保温して7~10日位で一斉に発芽させるようにする。
育苗日数: 60~70日位確保する。茎数3~4本、草丈15㎝以上を目標にする。5月中旬~下旬頃にかけて畑に定植を行う。
畑の準備: アスパラガスの根は深く地中に伸びるので耕土は深い排水の良い畑を選ぶ。    植え付け前に深耕(60㎝位)し、その前に堆肥などの有機質を十分に入れておくと良い。    化成肥料(10a当りN10 K、P20K,K10K)と石灰は全層施肥としロータリー等で攪拌整地する。
植え付け: ポット育苗の苗を植える前に畝幅1,5mに1列毎に黒マルチを掛け株間30㎝で植える。黒マルチは地温上昇効果と雑草対策である。
倒伏防止: 茎長が伸びてくると茎が柔らかいので倒伏しないように長さ130㎝程度の杭を畝の両側に2~3m毎に立てヒモ等を張る。茎長120㎝位の高さで穂を先刈りする。
除 草: 畝間はこまめに除草をし雑草に栄養分を吸わせないようにする。草が過繁茂すると日陰となり軟弱な苗になり次年度の生育に影響を与える。
追 肥: 太いアスパラを収穫するために追肥を数回に分け施すようにする。育苗期間1年目はマルチの株元に半握り程度8月上旬頃に生育状況を見ながら施す。2年目は早春の元肥と畝間の株元に撒布する。追肥は適宜に施す。
収 穫: 3年目より収穫が始まるが始めの年は1週間位で、次の年は3週間位と年度毎に増やしていくようにする。初年度から過収穫すると株が弱り次年度にアスパラの収量が期待できなくなる。
病害虫: 登録されている農薬を濃度基準と撒布時期を守り行う。農薬を使用しない場合は木酢液等である程度病害を防ぐことができます。

グリーンアスパラの保存方法
アスパラは立茎で収穫されます。横にしますと頭部は立ち上がろうとして余分のエネルギーを消費してしまい甘みが落ちたり硬くなったりします。
やはり早めに鮮度落ちない内に調理し召し上がるのがベストです。
保存の場合
①アスパラをある程度小分けし水分を含ませた新聞紙等で包み冷蔵庫に立てて保存する。
②飲み切った牛乳パックを洗い、上部をカッターで切りその下部に水分を含ませた新聞紙等を敷きその中に立てて置くと保存も長く美味しくいただけます。

アスパラの栄養
最も多く含まれるのはGSHグルタチオンでこの成分は抗酸化成分で細胞の酸化予防、老化防止の有効な成分が含まれております。
また蛋白質、ミネラルが含まれアスパラギン酸というアミノ酸の一種が含まれていて高血圧・貧血・動脈硬化・滋養強壮新陳代謝促進・疲労回復に効果がありまたカロチンや血管を丈夫にするルチンこれは穂先に多く含まれ高血圧、動脈硬化を予防、葉酸は赤血球を作る働き、ビタミンA,B1、Cは肌の潤いに、E、植物繊維も多く含まれ腸にやさしい健康野菜です。 

アスパラのおいしい茹で方
プロ薦めるおいしいアスパラの茹で方
①アスパラの美味しさは新鮮な時に召し上がるのが最高です。
根本の切り口の硬い部分を少し切り落とし、根本より2~3センチのところの筋を皮むきでそぐ。
長いまま茹でるのと5センチ位の長さに切り茹でる方法もあります。
②沸騰したお湯に塩を一つまみあるいはサラダ油を少々入れ先に根本の方から入れ10秒位立てて少したってから頭の方も入れ1~2分ほど茹でる。
茹ですぎるとペチャペチャ水ぽく美味しさ逃げますので色合いを見ながら上げるのがコッです。
③茹で上がったら、すぐに冷水でひやしておく。
これは色止め効果で鮮やかな緑を保つためです。
④冷やしたアスパラをザルに取り水気をよく切るようにします。 

画像の説明

●アスパラガスの歴史
 アスパラガスは南ヨーロッパが原産。日本へは江戸時代に伝わりました。意外と古くからあるんですね。でも、実際に栽培されて食卓にのぼるようになったのは、昭和になってから。江戸時代には観賞用だったそうです。

●グリーン? ホワイト? どっちもアスパラガス
 実はどちらも同じ品種のアスパラガスなんです。よく缶詰などで売られている白いアスパラガスは盛り土の中で育ち、日光に当たらないうちに収穫します。反対に土盛りしないで、日光にたくさん当たって育ったのがグリーンアスパラガスです。味や栄養も違うのでお料理によって使い分けられますね。

●アスパラガスの栄養
 栽培方法が違うと栄養価もかなり違ってきます。もちろん日光をたくさん浴びて育ったグリーンアスパラガスの方が栄養価は高いのです。主な栄養はカロチン、ビタミンA、B1、B2、C、Eなどが含まれています。穂先には毛細血管を丈夫にする働きのあるルチンが多く含まれていて、動脈硬化や高血圧の予防によいと言われています。
 残念ながら日光に当たらず育ったホワイトアスパラガスの栄養は、ビタミンCが少し含まれている程度。でもクリーミーな歯触りと風味が魅力でいろいろな料理に利用されていますね。

●アスパラガスのアスパラギン
 アスパラガスには、体内に吸収されるとアスパラギン酸というアミノ酸に変化するアスパラギンが多く含まれています。このアスパラギンはアスパラガスから発見されたことから、名付けられたそうです。
 アスパラギン酸は疲労回復によく、新陳代謝を促進したり、タンパク質の合成を高めてくれます。アスパラドリンクってあるけど、アスパラガスのアスパラギンが入ってるからアスパラドリンクなんだって。

●雄株と雌株で育ち方も違う!?
 アスパラガスには雄株と雌株があって、それぞれ育ち方も違います。雄株の方が成長が早く、茎が太くて穂先がよく締まったアスパラガスに育つので、雌株は雄株の成長を妨げないように刈り取ってしまうそうです。もったいない!・・・でもこれは太さの揃った品質の良いアスパラガスを、効率よく育てるための生産者の知恵ですね。

●おいしいアスパラガス選びと保存方法
 緑色が濃く、太さが均一で穂先が締まったものがよいそうです。保存するときは、水分が蒸発しないようにラップなどに包んで冷蔵庫で立て掛けて保存します。生では3日ぐらいしか保存できませんが、ゆでた後に水気をよくとりラップに包んで冷凍庫に入れれば1ヶ月くらい保存できます。

◎アスパラ豆知識◎
アスパラガスという名前は、「たくさん分かれる」とか「激しく裂ける」というギリシャ語からつけられた名前。そこから「新しい芽」と言う意味を持つようになった。アスパラの新芽は地面を押しのけて次々生えてくる。根に蓄えた養分で、一つの株から若い芽が何本も生えてくるんです。

アスパラガスは、ヨーロッパでは古くから親しまれ食べられてきた野菜。2000年以上前から野生のものを利用したり、栽培をしていた。アスパラガスのふるさとは、南ヨーロッパから西アジアにかけての地域で、塩分の多い海岸などに自生しています。タマネギやネギ、ニンニク、ニラと同じユリ科の植物で、多年草の宿根草だ。いまみんなが食べているアスパラガスの学名は、 アスパラガス・オフィシリスって言うのだけれど、このオフィシリスはラテン語で薬用という意味。名前からも、昔は薬用で利用されていたことがわかる。日本には、江戸時代にオランダ人によって伝えられました。主に観賞用でしたが、食用としては大正時代に北海道で栽培が始まりました。アスパラガスは、しゃきっとした歯ざわりとみずみずしさが魅力の野菜。スリムなカラダなのに元気パワーに満ちた野菜だ。身体を元気にしてくれる成分として、栄養ドリンクにも使われているアスパラギン酸が豊富で、新陳代謝を高めて疲労回復に効果がある。また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれている。穂先に含まれるルチンは血管を強くして血圧を下げる働きがある。ほかに、カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれる。そんなところから、古代ギリシャ時代から、薬用植物として扱われてきた。アスパラガスには「グリーンアスパラガス」と缶詰に多く使われることの多い「ホワイトアスパラガス」があります。これは品種が違うわけではなくて、栽培の方法が違います。同じアスパラガスの株でも新芽に光があたるようにして育てると新芽の茎に葉緑素が出来て「グリーンアスパラガス」に成長するし、新芽に光があたらないように土をかぶせて育てると、葉緑素ができずに白い色をした「ホワイトアスパラガス」に育ちます。
夏に立茎(りっけい)栽培するアスパラガスは、育った親木の日陰になるので淡い緑色のアスパラガスになります。ヨーロッパでは、アスパラと言えばホワイトアスパラガスだけれど、なかでもフランスやオランダ、ドイツなどでは、「高貴な春野菜」として特別な食べ物。太くてきれいに穂先のしまったホワイトアスパラガスが高級品として特別な思いを持って食べられる。それは、ホワイトアスパラガスの発見と関係がある。今から500年ほど前の16世紀。イタリアのある村で、ひょうのおかげで農作物がまったく取れなくなってしまった年があった。食べるものがなく、飢えて苦しむ農民たち。ハラペコの農民たちはイモでも残っていないかと、必死に土を掘っていた。すると、土の中からなにやら白いものが・・・。そう、農民たちは偶然ホワイトアスパラガスを発見した。食べてみると、それはそれは甘くておいしかった。されからホワイトアスパラガスはヨーロッパ全土に広がり、春を告げる大切な野菜、春の風物詩として、大事に育てられてきた。ホワイトアスパラガスはフランスのルイ14世の大好物で、フランスでは芽の先を大切に扱うように、「マドモアゼルの指先」とも呼ばれている。ヨーロッパの春には、日本の「桜前線」のように「ホワイトアスパラガス前線」と言うのがあって、おいしいホワイトアスパラガスの収穫は、スペインで4月ごろから始まり、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツへと北上していく。

※ アスパラギン酸 

  アスパラギン酸は主に医薬品(内服用)に使用されますが、化粧品にも使用されます。アスパラギン酸は非必須アミノ酸で、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があり、皮膚に対しては、代謝を活性化させる作用があると言われています。
疲労がたまると、元気を維持するための大切な栄養素であるカリウムとマグネシウムを補給しなければなりません。そのような生体内の代謝時にアスパラギン酸はカリウム・マグネシウムと結びついて細胞内へ取り込まれます。アスパラギン酸の働きによってそれらの吸収をよくし、細胞内でのバランスを正常に戻し、素早い疲労回復へと繋がるのです 。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional